読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

簿記短期合格勉強方法+α

Intelligence of Learning Bookkeeping

簿記受験一発合格のために、勉強のコツをお伝えします!

 

 

このページでは、読者のみなさんに簿記受験で一発合格していただくために、簿記勉強の理解がはかどる“コツ”のようなものをお伝えしま~す!

 

 


◆製造間接費って、何が間接なの?

 

製造間接費って、何が間接なの?

 

って、みなさん、そう思いませんでした?

 


工場で働いたこともないのに、
直接費やら間接費や言われても、うまくイメージできないっつーの!

 

と思ったのは私だけでしょうか?

 

でも、これって、間接って言葉を使うから分かりづらいのであって、
「直接じゃないもの」って言い換えれば分かりやすいんですよね。

 


製品に直接関係していたら、直接費。

それ以外は間接費。

 

そう考えるようにすると、両者を判別しやすいですよ~。


(少なくとも私はそれで判別しやすくなりました!)

 

 

 

連結会計の恥ずかしい疑問~親会社が子会社株式を所有?~


めっちゃ恥ずかしいことですが、昔、簿記受験生だった頃、ある疑問が湧きました。
それは、連結会計の勉強をしていたときのことです。


テキストに、「親会社が所有している子会社株式」と出てきました。
それを見た私は……


「え?株って、うちの親父がいくら得したとか損したとか騒いでるやつでしょ?
ん?親会社が所有?どういうこと?」


“法人が株式を所有する”ということを理解できなかったのです。
株=個人が所有、といった固定観念だったんですね。


バカでしょ~~?(笑)


今じゃ笑い話ですけど、当時は真剣です。
「どうして法人が株券を持てるんだ?人でもないのに」
なんて思ってました(笑)


あーーー、恥ずかし。
でも、こんなバカでも簿記一級合格できるんですよ。
受験生のみなさんの励みになると嬉しいです。

 

 

 

◆仕訳とは、BOX図とは


初めて原価計算を勉強するときって、大変ですよね。

BOX図なんて出されちゃうと、「えっ!仕訳はどこ行っちゃったの??」と、てんわやんわです(笑

 

簿記と原価計算が頭の中でこんがらがってる人は、こう考えるといいですよ。

 

「簿記は記帳の技術、原価計算は計算の技術」

 

こう分けて考えると、両者の位置づけがすんなり分かったりします。

もちろん、両者はつながっているわけですが、違いが明確に分からないと「どこでつながっているか 」も見えてきません。

 


「簿記は記帳の技術、原価計算は計算の技術」

 

そう頭に刻む。

オススメです。

 

 

 


◆連結調整勘定とは

 

(これは過去のお話です)

 


連結調整勘定って何?と聴かれ、

 

 

「のれんみたいなもの」

 

 

とか

 

 

連結会計特有の……」

 

 

とか

 

 

いろいろ頭を駆け巡ったが、

結局、瞬間的に答えられなかった…

 

歳月の持つ力はおそろしい……

 

 

あなたは答えられますか?

 

 

私も、瞬間的に答えられるようになったら、またこのサイトで解説しま~す。

 

 

 


商業簿記とは、工業簿記とは


簿記受験生の頃、疑問に思ったものです。

どうして、商業簿記と工業簿記しかないの?って。

 

疑問に思いませんでした?

世の中には色んなビジネスがあるのに、なんでこの2つだけで分けられるのか?って。

 


実際、社会に出て、実務で色んなビジネスの財務諸表を見ましたが、もう、めちゃくちゃです。

いろ~んな財務諸表があって、商業簿記とか工業簿記とか、どうでもよくなります(笑)

特に中小企業はね。

 


まあ、結論から言えば、商業簿記と工業簿記、この2つの違いが一番大きいからってことでしょう。

 


簿記受験生のみなさん、昔の私のように「なぜ、この2つで分ける?」と疑問に思われたなら、それ は健全な疑問ですよ。

ま、私のように深く考えないことです。


それを深く考えないだけでも、ずいぶんと時間を無駄にせずに済み、短期合格できるでしょう(笑)

 

 


◆簿記1級は転職に有利?


まだまだ就職難がつづいている昨今ですが、

雇用のミスマッチを就職難と呼べるのか?疑問に思うところです。

 

まあ、一応、就職難だとして。

私は内定が決まっていない学生に言いたい。

「簿記1級でも取ってみたら?」と。

 


もちろん、簡単じゃないですよ。

やる気がなくて、勉強方法間違えたら地獄を見ます。

はい、私、断言できます。

経験者なもので。

 


ただ、それを裏返して言えば、やる気があって勉強方法を間違えなければ簡単ということ。

それでいて費用対効果は抜群!

 


就職でも転職でも簿記1級は強いですよ~。

実際、私なんて簿記1級だけの力でここまで生きてこれたようなものですからね(笑)

 


学生諸君、簿記1級取って、就職難・転職難と無縁の人生送ってみては??

 

 

 

◆設備投資の意思決定と仕訳と原価計算の関係

 

昔、簿記受験生だった頃、設備投資の意思決定が難しいと聞いて、ずいぶんとビビっていました(笑 )

でも、勉強してみると意外と簡単なんですよね。

そして、面白い!

 

 

ただ、疑問もありました。

「仕訳や原価計算との関係は、どうなってんの?」って。

 

 

疑問に思いませんでした?

正味現在価値やら内部利益率やら、いろいろ出てくるけど、それと仕訳や原価計算の関係はどーなっ てるの?って。

 

 

まあ、仕訳は分かりますよね。

投資した時は、「固定資産/現金」とか「固定資産/未払金」といった感じでしょう。

収益が発生した時は、「現金/売上」とか「売掛金/売上」といった感じ。

 

 

設備投資に対する投資と収益、両者の因果関係が損益計算書では明確に示されていないので、設備投 資の意思決定を別で行なう。

ここまでは分かるんです。

 

 

でも、原価計算との関係はなぁ。

よく分からなかったなあ。

 

 

まあ、原価計算は製造原価の計算だから損益計算書で言えば売上総利益より上の話。

設備投資の意思決定は固定資産の費用対効果を判断するものなので、損益計算書で言えば売上総利益 より下の話。

そう考えると、両者の関係を考える必要はないのかも。

なぁ~んて考えてました。

 

 

こういうふうに難しく考える私みたいなのがいるから、設備投資の意思決定は難しいと言われてるの かもしれませんね(笑)

 

 

 

◆簿記受験短期合格の一番のコツ

 

簿記受験では、気持ちが暗くなりがちですよね。

なんだか妙な不安感にさいなまれたり、わけもなくイライラしたり……

 

 

専門学校に通っている方は、特に実感しているはずです。

自習室が暗かったりしますから(笑)

 

 

どうして、簿記受験で暗くなってしまうのか?

その理由は単純です。

 

 

「分かち合ってないから」

 

 

人間って、受け取ったどうしてものを誰かと分かち合っていないと、気分が暗ぁ~~くなってしまう んですよね。

 

 

だから、勉強ばっかりして、頭に簿記の知識をつめこんでばかりいると、暗くなってしまうんです。

 

 

暗くならないコツは簡単!

簿記受験で学んだことを、誰かの役に立つように使うことです。

家族や友達など、まわりの人に教えてあげるだけでもいいと思いますよ。

 

 

簿記受験は明るく!

それが短期合格の一番のコツだったりします。

分かち合いを大切に!

 

 

 

◆簿記1級の難易度は低い?高い?

 

「簿記1級は難易度高いですか?」と質問されたら、私は答えに困ります。

 

 だって、そうでしょう?

簿記1級は勉強方法によって簡単にも難しくもなるんですから。

 

 

ですから、簿記1級の難易度が高いかどうかなんて考えないことです。

それよりも、「どう勉強したら簿記1級の難易度が低くなるか?」を考えるといいですよ。

 

 

実際、勉強方法を工夫すれば、簿記1級はかなり簡単です。

今、簿記1級受験で苦しんでいる方は、勉強方法をできるだけ工夫してみてください。

「簿記1級ってこんなに簡単だったの?」と驚きますよ~。

 

 

これは簿記2級・3級にも共通します。

 

 


◆飲食店の簿記はどうなってる?

 

飲食店の簿記って、考えたことあります?

 

 例えば、長崎ちゃんぽんリンガーハットの簿記はどうなってるでしょう?

 

 

商業簿記

工業簿記?

どちらだと思います?

 

 

これは、ビジネスの構造によって変わりますよね。

 

リンガーハットが自社工場を持っているなら、ちゃんぽんに入ってる麺やらかまぼこやらは、工業簿 記で処理されているはず。

 

でも、リンガーハットが材料を他社工場から仕入れているなら、商業簿記だけで済むでしょう。

 

 

その他にも、子会社を持っているなら、連結会計が使われているでしょうし、本部とチェーン店の会 計処理には本支店会計が使われているのかもしれません。

 

 

こうやって、簿記の頭で世の中を眺めていると、頭の体操にもなりますし、簿記のアウトプットにも なるので、一石二鳥ですよ。

 

私が、「簿記の勉強をしながら頭そのものまで良くする」という方法をつくりあげることができたの は、こういった一石二鳥の発想を積み重ねていったからでもあるのです!

 

 

 

社債を購入した時は、どういう仕訳?


社債を発行した場合は、貸方に社債勘定がきますよね?

 

 では、他社の社債を購入した場合は、何勘定を使うでしょう?

 

 

答えは、有価証券勘定。

たぶん、満期保有目的の債券かな。

もちろん、借方です。

 

 

私は受験生の頃、このことが分かっていなかった……

 

 

社債を発行したら、当然、その社債を購入する側もいるわけで。

その両方に仕訳が生じることを、分かっているようで分かっていなかったんですよね。

 

 

現役受験生のみなさん、仕訳を反転させて考える癖をつけるといいですよ~。

売掛金/売上、の反対は、仕入/買掛金、といったようにね。

 

 

そうすれば、「分かったつもり」から抜け出せます。

 

 

 

◆土地は、なぜ減価償却しない?


「土地って、どうして減価償却しないの?」

 

そう、疑問に思いませんでしたか?

 

費用と収益を対応させるなら、減価償却すべきですよね。

 

土地は長年使うもの。
つまり、長期間、収益増加に貢献するわけで、その期間全体の費用として考えるべき。

それなら、土地取得に要した費用は、
取得時の費用とするのではなく、減価償却して毎期の費用に振り分けたほうがいい。


そう考えるのが妥当ではないでしょうか?

 

でも、土地は減価償却するのでもなく、取得時の費用とするのでもなく、資産とされています。


う~~ん……なんでだ?

過去の私は頭を悩ませました。

 

でも、そんなこと考えだしたら、キリがないんです。

そもそも、土地は値上がりしたり値下がりしたりするのに、
その変動を帳簿上に反映させなかったりするのですから。

 

簿記は「おかしくないか?」と思うことだらけ。

だから、深く考えず、「そういうものなんだ」と暗記していったほうが早いですよ。

 

私が「頭がいい人ほど簿記を苦手としていることが多い」と言うのは、
そういったところにも理由があるんです。

 

 


◆短期間で簿記資格を取得するコツ

 

簿記受験では、上ばかり見ている人と、下も見ている人に分かれます。

それで、短期間で簿記資格を取得する人は、たいてい、下も見ている人なんですよね。

 

 

何の話かって?

意味不明ですよね(笑)

安心してください。

ちゃんと説明します。

 

 

まず、上ばかり見ている人。

これは、自分に足りないところにばかり焦点が合っている人です。

「合格するためには、あれもしないと、これもしないと……」

「点数上げるためには、あれもしないと、これもしないと……」

といったように、上ばかり見て、今の自分に足りないところばかり焦点が合っている状態の人です。

 

 

その一方で、下にも目が向いている人がいます。

自分より点数が低い人に、どうやったら点数を上げられるか教えたり、自分の得意分野について、そ れを苦手としている人に教えたりする人です。

 

 

受験では、前者、つまり、上ばかり見ている人のほうが「できる」イメージありますよね。

でも、実際に短期間で合格する人は後者、つまり、下も見ている人なんです。

 

 

これは、よく考えると当然のことですよね。

だって、誰かに教えるということは、基本を完璧にするってことですから。

 

 

短期間で簿記資格を取得するコツは、下にも意識を向けること。

これを覚えておくと、短期間で簿記資格を取得する確率が急上昇しますよ~。

 

 

 

◆簿記一級で短期合格する!そのために必要な「重要な基礎」とは…


簿記一級で一発合格したいなら、
まずは、運動・食事・睡眠を改善することです。


当たり前のことですが、
体のベースが整っていないと
体の一部である脳もうまく働きません。


ですから、
まずは定期的な運動を習慣化し、
バランスのとれた食生活を心がけ、
質の良い睡眠をとる毎日にする必要があります。


それができていなければ、
どんな勉強法も無駄!

そう言っても過言ではないほど重要なことなんですよ。


そうは言っても、
運動・食事・睡眠を改善するのは容易なことではないでしょう。


定期的に運動することが大切!
そう頭ではわかっているんだけど、
気がつけば運動するのを忘れ、運動不足になっている…


バランスのとれた食生活がいい!
そう頭でがわかってるんだけど、
気がつけば飲み過ぎたりお菓子を食べ過ぎたりしている…


規則正しい生活で質の良い睡眠をとったほうがいい!
そう頭ではわかっているんだけど、
気がつけば夜更かししてしまっている…


そんなふうに
「頭ではわかっているんだけどできない状態」
になっている方が多いはずです。


そこで今回は、
その状態から脱する工夫をお伝えしましょう。

 

1.運動


定期的な運動を習慣にしたいなら、
いきなり多くを求めないことです。


「まずはほんの少しでいい」
と考えるのがコツ。


つまり、ちょっとだけの運動を
習慣にするところから始めればいいんですね。


例えば、一日に一度、
腹筋を20回だけするとか。


それくらいならテレビを見ながらでも
できますよね?


そういった少量のレベルから始めると
続けやすく、習慣化しやすいものです。


そうして小さな運動が習慣化したら、
そこで勢いがついてきますから、
もっと大きな運動を習慣化できます。


まずは短時間で済む簡単で小さな運動から習慣化!
この工夫で運動が習慣化しやすくなりますよ。

 

2.食事


バランスのとれた食事にしたいなら、
バランスの欠けた食事をとってしまった時の不快感を
しっかりと記憶しておくことです。


例えば、甘いお菓子を食べ過ぎてしまった時。
食べ過ぎた後、なんとなく体のなかが気持ち悪かったりしませんか?


お酒を飲み過ぎた時の吐き気や、
あぶらっぽいものを食べ過ぎた時の胃もたれなんかも同様。

体のなかが気持ち悪いですよね?


そういった不快感をしっかりと記憶しておくのです。


しっかりと記憶するためには、
思い出すプロセスとイメージの増幅が必要です。


先ほどの例で言えば、
甘いお菓子を食べ過ぎた後の不快感を
後日わざわざ思い出して、思い出した不快感を
想像のなかで大きくしていきます。


実際に感じた不快感よりも
もっともっと不快感を感じたように
オーバーにイメージしていくのです。


そうして、不快感を思い出し、
その不快感イメージを増幅させておくと、


「もう二度とこの不快感を味わいたくない!!」


と心に強く刻まれ、
無意識が甘いお菓子の食べ過ぎを避けるように動きます。


すると、特に意識しなくても
自然とバランスのとれた食生活に整っていくんですね。

 

3.睡眠


睡眠の質が悪い人は、
たいてい、夜の寝つきが悪いものです。


ですから、
睡眠の質が良くないように感じている人は、
寝つきを良くする工夫をしましょう。


寝つきが悪くなってしまう原因は次の3つです。

a.アウトプット不足
b.将来に対する不安
c.運動不足


この3つのうち、
cに関しては1で解決済みですから、
ここではaとbの解説に限らせていただきます。


まず、aのアウトプット不足ですが、
ここで言うアウトプットとは
「思い出す行為」のこと。


つまり、簿記の勉強で学習したことを
思い出す行為が不足していると、
夜の寝つきが悪くなるんですね。


テキストを読む→読んだ内容を思い出す


問題の解き方を教わる→解き方を思い出しながら問題を解く


本来はこのように
インプット→アウトプット
を繰り返していくものですが、
学習に慣れていない人はインプットばかりをやってしまいます。


そのため脳がインプット過多を起こし、
夜、布団に入ってから脳がアウトプットしたがるのです。


そこで葛藤が生じます。


寝たいという思い(寝なきゃという思い)と、
学習したことを思い出したい脳の欲求がせめぎあい、
そのせめぎあいで眠れなくなるのです。


要は、リラックスとアウトプット(緊張)の戦い!
その戦いで興奮して眠れなくなるんですね。


ですから、夜の寝つきを良くして睡眠の質を高めたいなら、
日中のうちにできる限りアウトプットしておく
(思い出す行為を増やしておく)必要があります。


テキストで読んだ内容を、
テキストを見ずに思い出して声に出して説明したり…


教わった解き方を思い出して
問題集の問題をできるだけ多く解いたり…


そうしたアウトプットを日中に増やしておけば、
夜の寝つきが良くなり、睡眠の質も高まるでしょう。


bの将来に対する不安については、
執着心を捨てていけば大丈夫です。


人間がなぜ将来に不安を抱くのか?
それは、何かに執着する気持ちがあるからですよね。


将来、公認会計士になりたい!!
と思って、公認会計士になる未来に執着しているとか…


絶対に貧乏になりたくない!!
と思って、現状以上をキープすることに執着しているとか…


そんなふうに何かに執着する気持ちがある時、
その執着しているものが達成されなかったらどうしよう…と
不安を抱くわけですよね。


だったら、その執着心を捨ててしまえばいい。
単純なことです。


ただ、その執着心をどうやって捨てればいいか
分からない方も多いでしょう。


ですから、そういう人は
究極的なことを考えるようにしてください。


究極的には、
あなたの身に何が起こるか全く分かりません。


あなたがどれだけ勉強しても
公認会計士になれるとは限らないし、
あなたがどれだけ頑張って働いても、
貧乏にならないとは限りません。


何をどうあがいても
明日死んでしまう可能性だってあるのです。


そうして究極的なところまで思考を広げてみれば、
「何かに執着してもしかたないな」と思うでしょう。


その時に執着心がパッと消えて、
それと同時に不安もやわらいできて、
夜の寝つきがよくなりますよ。(=睡眠の質が高まる)

 


以上3点、


「運動・食事・睡眠改善の重要性が
 頭では分かっているんだけどできない状態」


を脱するための工夫をお伝えしました。

 

上記を参考にして運動・食事・睡眠を改善し、
簿記一級受験一発合格のための重要なベースを作っていただけたら嬉しいですo(^▽^)o